FC2ブログ

melletomo journal

人生の記憶喪失を防ぐ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フランス大統領選挙始まる。

どうやら、このブログはすでに知り合いの人しか見ていないようなので、頑張って更新しようと思います!

というか、最近の出来事って、フランス大統領選挙が始まったのが一番のことなのかも。

そして、ここ近年、十年以上在仏していた友達がどんどん日本へ引き上げていくという状況です。
個人的な理由だと思うのですが、大きく見るとやはりフランスの社会状況なども、理由になっているのではないかなぁと思います。


この日曜日は、遅いながらもソー公園に例年通り、桜の花見をしてきました。
もうほとんど散ってましたけどね…

今年は10日くらいがベストだったのかも!
友達のフランス人は前日に本人の誕生日パーティを夜中までやっていたのに、次の日にソー公園に花見にいく!と言っていましたから、最近はソー公園の花見もフランス人達にも人気のようです。
もう在仏日本人のためだけではなくなってきましたね。

たしか去年もやけに中国人が多いなぁという印象でした。
韓国人も多かったです。

そして、なぜだか、コスプレの人が多い!笑
この日は、午後から和太鼓のイベントもあったからか、コスプレイヤーがグループでいたりして。
ナルトの軍団やら、ファイナルファンタジーやら、黒執事?とか、いっぱいいましたね!
とにかく、ヅラなのか、地毛なのかわからないほどカラフルな色の髪の毛の人がイパーイいました。

でね、選挙の話なんですけども、フランスの大統領選挙は国民投票なんですよ。
日本とは違いますね。
んで、1er tour第一回目投票と、そのあと、2週間後に2eme tour第二回目投票があるんですね。
一回目は出たい人が出たいだけ候補が出ているんです。
それが二人に絞れられて二週間後に決戦するんですね。
ここらへんは、テニス大会や、クイズ番組なんかみたいですけど、ここ近年、一回目は行きたい人だけ行って、二回目だけいく国民が多かったので、一回目の結果に予想していなかったような結果になって、みんなが慌てて二回目に力を入れる姿を見ています。

それだけに今回は国民、みんなの熱が違う!…ように思いました。

フランスの投票時間前に投票日になった外国のフランス大使館などは、長蛇の列ができていたりしましたね。

で、パリもそうでした。
Sヤンは花見にいく前に、午前中にいそいそと投票会場に行ったらば、長蛇の列で一時間待ちだと言われたらしいです。
それで諦めて、花見のあとに行ったんですね。
終わりのギリギリだとすんなり入れました。
私も投票会場前まで行きましたが、近所に住む人と会話できたりして、なかなかみなさん、緊張感がありましたね。

フランス、もうヤバい!

という気持ちがあるみたいですね。
前回も参加していたのですが、Sやん、デプイモンていう開票作業をボランティアで頼まれるのですね。
別に断ってもいいんですけど、今回も参加していました。
そこで同じく開票作業に参加するために、投票時間が終わるまで待っていた70歳くらいのマダムの話を聞いていたのですが、いやはや、フランスの状況は国民も呆れるほど悪くなっているようですね。

「私はフランス人だし、外国人の友達もいっぱいいるけど、フランスのいいところは言えなくなってしまった。もう、先も長くないし、外国に移住しようかなと思ってる。」

(´Д`)ハァ…

そして、帰宅すると、17時頃にはすでに結果が出ていたみたいです。
パリは最後で、ルペンでもマクロンでもない人がトップを取っていたようで、少しホッとしたようなしないような。

ルペン女史は女史で、極右ですから、外国人全般を追い出したいし、フランスをEUから出したいもんですから、外国人な私としては、どうにもこうにもイヤなわけです。

パリの若者にも人気のマクロン氏ですが、超大手銀行出身ですから、資本主義的な人です。
簡単に言えば、金が全て!という感じの人ですね。

なので、どうなんだろうという二人に決まったわけですが、
なんだかなぁと思っているのは、パリに住む人たちだけみたいです。
フランスの東側と南仏の人たちはルペン派が多いみたいです。
ブルターニュとボルドーあたりがマクロン派みたいですね。

選挙権のない外国人の私は静観するばかりです。

スポンサーサイト

| 日常 | 22:16 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

>パリは最後で、ルペンでもマクロンでもない人がトップを取っていたようで
え、メランションとか?!
私はその日はMelunで、まあ色々ありましたよ。。。
200万人も一緒に「恐怖に屈しない」と言って表現の自由掲げてぞろぞろ一緒に歩いたのに、今もその時の決意を覚えてんのかよ!って感じのパリ市民よ、私は一人で頑張ったよ、、、と思いきや、Pさんが味方だった!いいこと言った!私は誇らしかった!、、、なんのことかさっぱりでしょうが、滞在許可持っている外国人として熱い週末でした。

| あや | 2017/05/14 15:40 | URL |

>あやちゃん
第二回目投票では、無効票も多かったみたいで、まぁ万人が満足することはないんだろうけどね…
Pさんのようなノンポリ系の人でも選挙に行く回だったというのも、相当珍しいけど、私らがフランスにきてから十年ほどの間で、FNの得票率が着実に増えているのも見逃せないと思います。

| melletomo | 2017/05/15 14:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。