FC2ブログ

melletomo journal

人生の記憶喪失を防ぐ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルーブル美術館・フェルメール展に行ってきた。

今年2月くらいからルーブル美術館で始まったフェルメール展
若くして亡くなった(42歳くらい)ので作品も多くない中、その4分の1が半世紀ぶりに集まるということで注目度が高い展覧会。

先日、すでにこの展覧会へ行ったアヤちゃんからの情報で、入場時間を予約しないと入れないほどだそう。
ということで閉館日の次の日、水曜日に早起きして、チケット窓口へ整理券をもらいに行ってきました。
9時から開くというので、もちろん9時に入り口で待ちます。



5月22日までなのですが、インターネットでチケットを買って、入場時間整理券も予約できる模様。

年会カードなどを持っていても、今回の展覧会は人気がありすぎなので、整理券を入手しないと入れないほどなんですよ!
ルーブル美術館の特別展がこんなにヒットするのは珍しいと思います。

手荷物検査で並んでいても、あっちだこっちだと並び直さないといけないし、もう大変。
私は本当に毎日、いっぱいなんだと思っていたので、手荷物検査あとは小走りでチケット窓口まで行きました。

大きなピラミッドの下にあります。
louvre02.jpg
整理券だけだったら、券売機でも行けたのかも?
でも、一応、案内係りの人に聞いて、窓口へ行きました。
全然並んでないし、入場時間も選べました。

というわけで、1時間後くらいに入場することにして、Sヤンを呼び出し。
待っている間、美術館の無料wifiで久しぶりにポケモンゴーをしました。
いっぱいモンスターをゲットしましたw

で、整理券を見せてexpositionの入り口へ行きまして、列に並ぶんですけど、そこで40分くらい待ちました。

ルーブル美術館で常時見られる作品も2つほどあって、あとは外国から借りてきた作品です。
影響を受けたんだろうと思われる同時期の作家の作品も並べて置いてあるので、展示数は多いですね。
結構同じモデルを使ってるんだなぁとか、いつも家かアトリエの同じ窓のところを描いていたんだなぁとか見られて面白いです。
初めて見るのもあったり、フランスのスーパーで見るヨーグルトに使われている牛乳を注ぐ女性の絵はルーブル美術館の所蔵品じゃないんですね。

ちなみに写真撮影は禁止でした。

そんなに広い会場じゃなかったですし、整理券などが面倒くさいですが、日本ではフェルメールが人気なので、日本人には楽しめるかもなぁと思います。

それにしても、今日は良い天気でしたね。
スポンサーサイト

| アート | 20:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。