FC2ブログ

melletomo journal

人生の記憶喪失を防ぐ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クラクフ再び 4日目 ヴィエリチカ岩塩坑

280617-05.jpg
今日はヴィエリチカ岩塩坑へいきます。
実はここは入場料も20ユーロほどかかるし、一回見たのでいいや!と思っていたのですね。
なのでSやんには内緒にしていたんですよ。
そしたら、初日にピヨが「ヴィエリチカへは行くの?」というのでバレてしまいました。
で、やはり前回私が写真を見せた時に気になって、ドキュメンタリーか何かを見たらしく、ぜひ、行ってみたいというSやん。

行くならフランス語ガイドで行くしかない。
時間を調べて早速、朝一番の回に行くことにします。
10時15分、12時15分、15時15分の回しかない。
ちなみに日本人が行けそうなのは、結構回数が多い英語ガイドの回ですね。


前回はバスで行ったんですが、道に迷いまくりましたので、今回は復路で簡単だった鉄道で行くことにします。
20分ほど。
二人で7ズロチ。

280617-01.jpg
車内は冷房が効いていて、快適です〜
中央駅から行くと、ヴィエリチカの駅は終点なので失敗する心配もありません。
同乗者にはフランス人がちらほら。

二箇所、行く場所が書いてあるんですが、もちろん大きな方の2番へ行く。
280617-02.jpg

チケットも買わないといけないので、少し早めにいきましょう。
280617-03.jpg

世界遺産登録されています。
280617-06.jpg

これがメインの入場する建物。
トイレも無料なので、ぜひ、ここで行っておきましょう。
280617-04.jpg

一応、写真やビデオを撮る料を払います。
10ズロチ。
床も壁も剥き出しのところは全部、塩!
削って味見してもいいです。
280617-07.jpg
40人ほどのフランス人を連れて、一人のガイドさんと後ろに迷い子防止のガイドさんがついてきています。
ガイドさん、ちょくちょくギャグをかましてきます。

岩塩坑の写真はいろんなところで見られるのであまり載せませんが、シャンデリアが素晴らしい部屋は700ユーロで貸切にできるんだとか。そこで結婚式をしたり、パーティをしたりするんだそうです。
他にも大きな階段の部屋や、普通の会議場のようなところも借りられるみたいですね。
280617-08.jpg
気温は年中14度をキープ。
冬に来た時は、外が寒くて、中が暖かいなぁと思ったものですが、今回は外が30度近いので、中は天国のような涼しさ!
そして、空気も綺麗です。
癒し効果もあるんだそうです。
どんな病気も('(゚∀゚∩ なおるよ!!とガイドさん。

今でも坑夫さんが400人程、働いています。
岩塩坑としての役目は終わっているのですが、観光地としての安全性をキープするために彼らはメンテナンスをしているんだそうです。
280617-09.jpg

こちらが借りられるスペースなんですかね。
ガイドさん云はく、最後に通るレストランもなかなかいいよ!とのこと。
ガイドツアーのあと、博物館もガイドツアーできるのですが、彼の説明がいまいちよくわからなかったらしく、多くの人が脱落。
私らともう1カップルだけでの博物館ツアーです。
しかも、フランス語だからよかったです。
さらに寒い場所に行きましたが、いろいろと見られるし、ひたすら大きいので圧巻です。

そして、最後の出口のショップでは、岩塩のグラム売りが買えます。
それはここだけ。
他のショップでは袋売りしか買えませんからね。
280617-10.jpg

今日も朝イチからの観光だったので(朝食は食べられましたが)、ランチはこの付近でチャレンジしてみようと思います。
ウロウロして、適当に入ります。
280617-11.jpg
ピエロギって書いてあるなぁ。

というわけで、入ってみます。
280617-12.jpg
お婆ちゃんのお客さんが注文を手伝ってくれ、とりあえず、食べてみたかったロシア風ピエロギと、肉ピエロギを注文。
あと、ビール。

280617-13.jpg
ここのピエロギが一番美味しかったかも。
他にもフライドポテトとか、トンカツとか、シュークルートなどがメニューにありましたが、どれもお手頃な値段でした。

お土産屋もちょっと見て、暑すぎるのでアイスも買ったりして、鉄道で帰ります。
乗り逃して30分も待ちました。
この炎天下では厳しい!
280617-15.jpg
やっときた〜

中は冷房が効いてます。
やはりなんやかんやで時間が結構経ってしまいました。

スポンサーサイト

| ポーランド クラクフ 2017 | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。