FC2ブログ

melletomo journal

人生の記憶喪失を防ぐ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年もvendange! その6

今回は初めて、復路の電車チケットを買ってなかったんです。
いつ帰ってもよかったんですね。
最悪、TERという鈍行でパリまで4時間半くらいで帰れるので、そちらは値段も安くなく高くなく、定価な場合が多いので、それでいいやと。
でも、仕事終わりの日程が決まったし、そのあと、すぐ仕事もありましたので、ネットでTGVのチケットを見てみたら、安いのがあったので、そのまま買いました。
51.jpg
意外にギリギリでも安いのが出るんですよ。
一等席の方が二等席より安い場合があったりするし。


さて、いつの夜だったか、寮の近くの他の葡萄家のパーティにて。
前にピヨと一緒に行ったことがある家です。
今回はマチェクと一緒に行きました。
50_20170928070425cab.jpg
カロリナも一緒に働いたことがあるのかな?
知り合いの人がいたようです。
英語とポーランド語に疲れていた私は、フランス語が話せることにホっと一息。
いろんな人と話せることに喜びを覚えましたw
そこで会った人によると、この家は雰囲気が良いので、毎年、フランス人だけで満室になってしまうんだそうです。
北のノルマンディーから、南のグルノーブルくらいから来るんだそうです。
他の葡萄家はポーランドやルーマニアからの出稼ぎ外国人を当てにしているというのにですよ!

毎日、食事のあとはこうやって飲み会をやっているそう。
ここもパンク率高し!w
52_201709280704208a9.jpg
まともな女子も多くて、宿泊条件も悪くないのかな?

しかしながら、どこの問題も同じで、今までやってきた親方が息子の代に移ると雰囲気が変わってしまうので、長年来ていた人たちも来なくなるだろうという話。
やはり雰囲気などよりは、ビジネス優先になるんだそうです。
残念だね。

田舎の夜って、真っ暗ですね。
53_20170928070421cce.jpg
私はママ・マルゴとその娘たちと一緒に早めに帰宅。
だって、明日仕事だもん!
娘たちは、「あそこ、最高!あそこの人たち大好き!」と言っていました。
いいね〜リベラルな感じです。

さて、次の日も元気に働くよ〜
58.jpg
今年はじめて、旧おかみさんと一緒に働きました。
しかも、彼女は仕事がめちゃくちゃ早い!
彼らは60歳は超えているのに、めちゃくちゃ元気なんですよ。
そういうのって、やっぱり仕事中、近所の仲良しと延々とお喋りできるし、そこまでしんどいと思わないのかもなあ〜と思いました。
私は今回、モトコ先輩がいなかったことで、同僚と話すにはフランス語か英語しかないので、ほとんど真面目に手だけ動かしていたんですが、(そういう人もたくさんいます)そういうのって疲れるんですよね。
だから、私は仕事は早いんですけど、別にそれでボーナスが出るわけでもないんで、楽しくやる方が得なんですよね。
息抜きしつつするには、馬鹿話でもいいから話しながらするのが一番良いなぁと思いました。

そう考えると、まだまだコミュニケーション能力が足りてないなと思うことしかり。

辛くはなかったのですが、やはりここが日本で、ここのフランス人が日本人だったらどうなんだろう?と想像した時、それはとても楽しいと思うんですよ。
気が合わない人もいても、やはり楽しい。
だって、短期間ですしね。
それに、食事が日本人向けだったりしたら、もう最高でしょうね。
まぁ、色々と考えてしまうのですね、作業中は一人なんで。

兎にも角にも、空気が綺麗なので、しんどくても前向きな気持ちになれます。
59_20170928070513861.jpg
スポンサーサイト

| ボジョレー2017 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。