FC2ブログ

melletomo journal

人生の記憶喪失を防ぐ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パリ自然史博物館(生物と解剖学の博物館)

jdp01.jpg 
何年振りかに5区のオーステルリッツ駅近くのJardin des plants ジャルダン・デ・プランツにある、パリの自然史博物館に行ってきました。
天気は良いんだけど、寒い!
と思っていたら、この週末は結構雨降りでしたね。
雨が寒く感じる季節がやってきます。



今回行ったのは自然史博物館の何館かあるもののうち、駅に一番近い生物と解剖学の博物館へ行きました。
Galerie de Paléontologie et d'anatomie comparée
入場料 7ユーロ
火曜日休み
元旦、12月25日、5月1日も休み
10時〜18時開館(閉館45分前に窓口は終わり)


一番人気の博物館はモスケに近い出口にある、進化の博物館ですね。

Grande Galerie de l'Evolution
入場料 9ユーロ
火曜日休み
元旦、12月25日、5月1日も休み
10時〜18時開館(閉館45分前に窓口は終わり)

2000年より前にカヒミ・カリィが当時住んでいたパリの中で好きな場所として、どこかの雑誌で紹介していたと思います。
その時代から全く変わっていないんですよね。
昔の日本の木造の学校の匂いがする建物で、しかもホルマリン漬けの動物などがいっぱいあって、まるで生物の授業の部屋ぽい。
昔に行ったことがあったのは覚えているんですが、結構グロいものもいっぱいあるんです。
それであまり行きたいと思わなかったんですね。
ところが今回11日の土曜日が連休になってしまっていて、人出が多かったんですよ。
それで人気がある場所は人が多いんですが、ここは割と少ない。
でも、週末はやはり子供連れが並んでいるイメージがあります。
jdp03.jpg
今回きて驚いたのは、まず、中に監視員がいない。
そして、閉館時間の随分前からは追い出されたりしない。

さて、この博物館の入ってすぐの一階部分は、いろんな動物の骨が置いてあります。
jdp04.jpg
一番グロいのはその奥にあって、くっついた双子の動物のホルマリン漬けなどが置いてあります。
それに続いて、内臓のホルマリン漬けなどもあり、なかなか興味深いです。
自分のどの部分が病気になってしまったなどを考えるコーナーw
私は大腸に憩室炎があるので、そういうものだとかを見てしまいます。

次に上の階は恐竜博物館になっています。
jdp05.jpg

あと化石など。
jdp02.jpg
昔からあんまり手を入れていないのがプレートの読みにくさで伺えます。
本当に昔からあまり変わってないんですよ、この博物館。
多分、ガラス張りの入れ物に入ってないものは、レプリカだったりします。
子供達が学校の課外授業で来たりするんだろうなと思います。
それで触っちゃったりしても大丈夫(本当はダメだけど)なようになっていると思います。

勉強にもなるし、いろんな発見もあるしで、散歩がてらに行ってみてください。
建物もなかなか渋くていいですよ〜♪
スポンサーサイト

| 散歩 | 23:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

今度パリに行く時は行ってみたい!
グロいのも怖いもの見たさで挑んでみよう。
内部がすごくひろびろしてるね〜贅沢。

| norichofu | 2017/11/15 14:37 | URL |

最近の「クレイジージャーニー」で最新の恐竜情報(毎年、新しい恐竜が発掘されている)を見ていたら、この博物館にあるの情報は随分と遅れてるんじゃないかと心配になるよ。
でも、有名な観光地に行くより、こういう場所に行く方が贅沢な時間の使い方だな〜と思ったわ!
子供達が本当に興味深く見ていたりするのも面白い!
norichofu次、来る時はぜひ。

| melletomo | 2017/11/19 21:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。